ギター指弾きのメリットを考える


昨日宣言した通り、長年連れ添ったピック君と永遠の別れを告げる事にした僕ですが、

今日は指弾きにする事で得られるメリットを考えてみたいと思います。


・ピックを買わなくて良くなる。なくさなくなる。爪は維持費と手間がかかる。

・気に入ったピックが生産中止になるというリスクがなくなる。

・演奏中にズレる、割れるというトラブルがなくなる。

・リード、スリーフィンガーと奏法が変わる際のピックの持ち替えがない。
 ピックと指弾きを併用する際の弦毎に音色や音量に差が出るという問題がなくなる。

・直接弦に指で触れる事で、より直感的で繊細なコントロールができる。

・スラップができる。親指の側面でスネアっぽい音が出せる。

・公演先の持ち物が一つ減る。(些細な事だが特にツアーの時は大切な事。)

・指の形や皮膚の硬さには個人差があるので、「その人らしさ」が出やすい。



多分、他にも色々あったと思いますが。今パッと思いついただけでも、これだけのメリットがありました。


今までピックで弾いていた人は当然最初は弾きにくい、音量出ない、シャープな音が出ない・・・

と、色々ストレスを感じると思いますが、

毎日弾いてると指の神経や筋肉が育ってきて指の表面も段々硬くなってシャープな音が出せるようになります。

なんでも継続は力ですね。僕もがんばるー。


という事で、今日は指弾きのメリットについて考えてみました。

特に弾き語りやる人にとっては色々応用が利くのでオススメです!

挑戦してみてはいかがでしょうか?